オハマの読書無双

ビジネス、経済、サブカル、漫画など 独自の主観で感想、紹介 たまに妄想あり

はすみとしこの世界「そうだ難民しよう!」 著者 はすみとしこ

図書館で借りた

自分が好む絵のタッチだったので手に取った

タイトルとイラストで社会風刺の本だと思った

小林よしのりゴーマニズム宣言っぽいのかと思った

本はそんな分厚くもなく50ページほど

右のページにイラストがあり、左のページに文章で構成されてる

借りる前に、少しページをパラパラっとめくって思ったんが、サヨっぽい感じの人が書いてる本かなと思って読んでたんですが、逆でどっちかというと右寄りでした。世の中でおこってること、ディスって皮肉ってます。

中には、差別に近い内容もありました。作者はなかなか堂々たるっぷりな者です。

在日、シーシェパード慰安婦、難民、安保法制反対活動家などなど。

これは、凄い批判されるんだろうなと思って読んでたら、最後に著者自身が、ネットで大炎上したことを、掲載していました。

2015年に初版されていた、みたいなんですが、オハマ全然知りませんでした。問題作で批判は浴びている作品ですが、中には多いに共感できるもんもいくつかありました。こういう内容の歌詞のラップが聴いてみたいもんです。もしくは自分で書いてライムしたいもんです。

社会風刺でなんだかんだのプロパガンダ

イラストで訴える客寄せパンダ

そうだ韻を踏もう!


人気ブログランキング <p

 

人工知能解体新書ゼロからわかる人工知能のしくみと活用 編著者 神崎洋治

前に人工知能系の本を読んだとき、人工知能に感情を持つのが難しいとか、そんなんまだまだ先とか書いてありました。

しかし、最近出版されたこの 【人工知能解体新書ゼロからわかる人工知能のしくみと活用 編著者 神崎洋治】 では、感情を持つオートバイの開発、研究を取り組んでいることが掲載されてました。

子供の頃に見た、海外ドラマ「ナイトライダー」は人間の感情を持つ車がありましたが、それがもう現実になろうとしているのか。あー驚き。

人工知能の本は、最近どんどん出版されています。新しいのが出るたびにその科学技術はめまぐるしく進んでいるのだと思いました。

画像認識や、車の自動補助の運転とかは身近でききますが、詳しく説明をきくと実は驚くほど高度です。

オハマの気づかんとこで、人工知能はどんどん進化しておる。

この本で、知ったワードも記事に書いておこうと思います。

ニューラルネットワーク

・人間の脳の神経回路のしくみや構造を模した数学モデル(学習モデル)のこと。

この技術を駆使し以後、囲碁のプロをぶちのめした。オハマはこの技術のことはわからんが、ニュースで人工知能囲碁のプロをぶちのめしたのは知っていました。

【Watson(ワトソン)】

IBMが開発した超記憶する頭のいいスーパーコンピューター。某クイズ番組でクイズ王をぶちのめした。

オハマは本を一冊読むのに、2~3時間かかるのにワトソンは1秒間に8億ページを瞬読する。すげえ。

国内でもこのシステムを導入してる企業も増えてきてる。みずほ銀行ソフトバンク、LINEとか。LINEはチャットに人工知能搭載したチャボットってのをやっとるみたい。なるほどねー。

みずほ銀行東京三菱UFJ銀行なんかは窓口にWatson と連携したロボット(NAOやpepper)に案内させようとしとるみたい。

冒頭でも言いましたが、感情のある人工知能バイクはカワサキが開発してるみたい。

以下本文

2016年8月、カワサキも人格や感情をもち、ライダーとともに成長するオートバイをcocoroSBと共同開発していることを発表しました。

 

これからも、人工知能の技術は進んでいくんだろうな。自我に目覚めて人間にいらんことせんか心配です。

 

過去の関連記事

 

ohama69.hatenablog.com

 

 

ohama69.hatenablog.com

 

 

ohama69.hatenablog.com

 


人気ブログランキン

ふつうの人だからできる「不労所得」を作る技術年収300万からの「不動産投資」基本から裏ワザまで 著者 林 勇介

不労所得の本(ようするに家賃収入)

・やるならマンションよりアパート

・やるなら早めにやるほうがいい

・とにかくはよ買え

・この本の書いてある通りすればいい

・サラリーマンやっとても将来不安でっせ

・副収入でアパート経営するといい

・年収300万程度でもやれます

・自宅購入して担保で銀行から金借りよう

・いい管理業者をみつけよう

・いい施工業者をみつけよう

などなど

 

今回読んだ本をぱっと箇条書きにすると、こんな感じです。

著者はサラリーマンをしながら、アパート経営して収入をたくさん得たみたいです。ふむふむと読んでいたのですが、本の最後の方にこの本見たところで、実際するやつなんかどうせいねえだろ的なことを書いていたので、ちょっとしゃくにさわります。著者はこの先サラリーマンなんか、やってても給料があがる見込みはないし、不動産投資した方がいいと完全いいきってます。やや上から目線感が否めないですが、それもしゃあなしです。いろんな著者の考えもありますし。

この本は、図書館で借りたんですが。どっかの不届き者が線引きしやがってます。おいおい。線に対して自分の感想も落書きしてるぜこいつ。

自分の頭の中にしまいこんでほしいところです。

ということで、そのどっかの不届き者が線引いてたところを掲載

 

身の丈以上の借金ができるのは、不動産投資において、他にありません

・不届き者が本に書いてた感想:やはり慎重にすべし

 

・リスクを取りたくない銀行員にとって、不動産を担保に取れる案件や不動産をもとに行う事業には、お金を貸しやすいのです。

 

・最初のアパートで学んだことがありました。それは「新築の方がいい」ということです。

 

管理費と修繕積立金の合計が、一戸につき一万円だったとしたら、八戸所有していると八万円を支払わなければなりません。こうした出費は、キャッシュフローを少なくして、投資の足を引っ張るだけです。アパートには、こうした経費はかかりません。

・不届き者が本に書いてた感想:ホント?

 

目次から、なんやらかんやら線引きっぱなし。

借り物の本には、せめて付箋にしようぜ!

 


人気ブログランキング


 

すぐ忘れる男 決して忘れない女 著者 マリアン・レガト 監訳 下村満子 訳者 山田睦子

新年始まって、いろいろと多忙だったのでいきなり更新が遅れた!

仕事が忙しすぎたぜ。なんとか今月中にひと記事書こうと思いギリギリセーフだぜ。

2018年オハマの読書無双2冊目は

【すぐ忘れる男 決して忘れない女 著者 マリアン・レガト 監訳 下村満子 訳者 山田睦子】

著者は外人で女性。オハマは、はじめて聞いた名前です。

コロンビア大学医学部教授で、ジェンダー・スペシフィック・メディスン(性差に配慮した医療)を初めて提唱した人らしい。

どんな本だったかというと、男と女の行動や考えについての違いを書いた本です。非常にページ数もぶ厚く、科学と医学的用語で説明された本です。読んでる途中でも、うーむ、専門用語多いなぁと思いました。

つまりオハマレベルの脳では、少し難しいところあります。

監訳の下村満子は、本の内容はわかりやすくて余裕だと書いてました。

この本から学んだことは、男と女は全く別の生き物だということです。ひとつの人間というくくりで、同じように考えようとするとズレが生じてしまうということです。夫婦やカップルなどで、こういった考えのズレから口論、喧嘩になることなんざ世界中で起こっております。

男は論理的思考。女は感情的思考。

そもそも脳の構造自体が違うそうな。脳内で発生する、物質が違うそうな。

 

以下、本文から引用

 

端的に言うと、「遺伝子」によって性別メニューが選択され「ホルモン」によって味付けされるのだ。この二つの要因は(特に、遺伝子やホルモンが大幅に変動する、思春期や更年期といった特定期間に)複雑にからみ合い、男と女の違いを、さらには一人ひとりの違いを作り出す。

 

女性の方が、言語処理をつかさどる左脳に神経細胞が多い。脳内では、細胞数が質と関連していることが多い。

 

女性の方が、右脳と左脳のつながり大きい。右脳と左脳は脳梁という太い繊維網によってつながっているが、女性の脳梁は男性のものよりも大きく、右脳と左脳間の情報交通量も多い可能性がある

 

すぐ忘れる男、決して忘れない女 本書のタイトルの通り、女性の方が男性よりも話し言葉に対する記憶力が優れている、という研究結果がいくつかある。喧嘩のときには、その性差がまさに露呈する。

 

読んでみて思ったこと。著者が女性なだけに結構女性びいきである。

世間の見方も、何かが欠落した女性的思考が強い気もする。

 


人気ブログランキング

「敏感すぎて苦しい」がたちまち解決する本HSP=敏感体質への細やかな対処法 著者 高田明和

著者の高田明和もHSPらしいです。

HSPとは?

敏感で繊細

物音に敏感

光に敏感

感受性のセンサーがわずかなことにも反応

ささいなことに思い悩む

ささいなことに振り回される

ささいなことに動揺してしまう

人間の5人に1人の割合でこの気質を持っている

 

敏感さゆえに通常の人よりも、生活していくうえで何倍も疲れる

取り扱いさえ学べば、大きな能力や才能を生む最強の武器になる

アインシュタイン夏目漱石ゴッホ又吉直樹村上春樹HSPらしい

 

HSPでなくても通常の人でも、職場とかの人間関係は疲れる

いい人ならいんですが、職場にたまにおる。自分の支配下におき、振り回そうとするやつ。派閥つくりたがりなやつ。声大きめ。圧力、同調でまくしたてるやつ。相手をいいくるめたと思い込み、ドヤ顔するが全然口が上手くないやつ。女性でいうところお局タイプ。

本書ではこのてのタイプを「エナジーバンパイア」=「悪霊」といってます。

ちなみにオハマは、このてのタイプは宇宙の生物が頭に寄生して支配されている人間と思ってみています。怒りという名の遊星からの物体X

 

HSPの気質の人は、近寄らぬように、逃げましょう、離れましょう。

 

HSPうつ病に近いものかと思ってました。病気ではなく気質だそうです。本書でははっきりと、「うつ病HSPは全く違う」著者の方は言っておられました。

HSPうつ病の違いは、病前と病後の自分が違うとのことです。

 

以前にも類似記事を書いた。

 

ohama69.hatenablog.com

 

オハマの読書無双を開始して、二回目の新年がスタートしました。

新年が明けたということで、益々良書にふれあい学び、信念を持って記事を更新していきたいと思います。

悪い知識に、変な刷り込みによりマイナスに力が作用し、苦しく生きてしまったことが、オハマにもあります。この本にも書かれてましたが、

それは、過去に誰かに思い込まされただけで真実とは限りません。

それまでの考えを、更新!上書き!してみるとよいと書いております。

更新、上書きは良い書物に出会い、良い知識を身につけることだと思います。いい言葉、いいワードのシャワーを浴び洗礼受けて無双していきたいと思います。


人気ブログランキング

 

18歳からの政治入門 日本経済新聞政治部=編

日本経済新聞政治部の編集部が、若者にわかりやすく、解説してるってうたっとる割には、わかりやすくはなかったと思います。

読み手の、知識が乏しければ難しいのかなと思う内容でした。これでも、日本経済新聞社はわかりやすく書いてあるつもりなんでしょうが。

読み終えて、正直中盤からななめ読みなりました。頭に入った感は、あんまりない感じ。読みなれてない読書にはそういう空振りもあります。

 

この本の構成は

序章 選挙に行かないと、なぜ損をするのか

第1章 政策って、なにか難しそう

第2章 政策って、だれが、どう決めるの

第3章 政党が多くてややこしい

第4章 どの候補者に投票しようか

第5章 選挙の楽しみ方

全5章の構成になっとります。

政治の知識に乏しい、オハマとしてはまず序章の『選挙にいかないと、なぜ損をするのか』に注目です。とりあえず序章ということで、その内容ピックアップし一部を紹介したいと思います。

 

以下本文引用

大人だって政治はわからない

最近の衆院選参院選とも投票率は50パーセント余りで、半数近くの大人は投票に行ってないからです。

 

投票しない人は、「いないもの」として扱われます

政治はお人よしではありません。投票しない人、政治に関心のない人は、いないものと思って物事を決めます。黙っている人は、その政治を支持しているのと同じと扱われます。自分のことは自分で守る。その一歩が一票を投じることなのです。

 

・子供が親と同じ水準の暮らしを守るのも大変

戦後の高度経済成長期なら、仕事を頑張れば給料は上がり、生活はよくなりました。この頃の親は、自分の子どもの世代はもっと豊かになるとだれもが考えていました。しかし、今の親は自分の子どもが、親と同じ水準の暮らしを維持していくのも大変だと感じています。少子高齢化高齢者のために若い世代ほど多くの負担をしなければならないからです。

 

・目先のことにとらわれた政治が、大きなツケを未来に残す

お年寄りの意見がより強く政治に反映されることを「シルバー民主主義」と呼びます。世界でも急速に少子高齢化の進む日本では、ほかの国に比べてこの傾向がより強いと言われます。


人気ブログランキング

徹底図解世界の宗教 著者 島崎 晋

タイトルそのままのとおり、世界の宗教についての本です。

世界の宗教をほぼ網羅した内容。開祖、教義、歴史、美術作品、聖地などを、図解入りで説明しております。こりゃまた、まったく興味がなければチンポンカンポンな内容だと思います。図解入りとはいえ書いてある内容は難しいですな、きいたことない言葉のオンパレード。そんなかでも、オハマなりに勉強になりました。へ~そーなんだ的なことをこの本の中からいくつか紹介していきたいと思います。

 

イスラム教、キリスト教はもともとはユダヤ教が源流

 へーそーなんだ的なことですが、それにしてもこのふたつの宗教、仲が悪いように思えます。

次は、図解

f:id:ohama69:20171216143148j:plain

世界の三大宗教 キリスト教イスラム教、仏教 世界で最も信者の数が多いです。

図解は、死後の世界観についてです。

キリスト教は、キリスト教を信じ罪を犯さなかった者は、最後の審判を受け合格なら天国へいき、アウトなら地獄行き。

信心深くし、現世は善い行いをしなさいという教え。

一方、イスラム教は、現世は仮の世で、来世で楽園にいくことが目的である。死は来世に行くための門にすぎない。楽園に行くためにも真面目に信仰しなさいよと、そういう考え。

日本でも、けっこう根付いている仏教は、輪廻転生、生まれ変わる。この本に書かれている仏教では、六道におとされる。六道(地獄道、餓鬼道、畜生道修羅道、人間道、天道)煩悩をなくし、真理を悟ったものは仏になり、極楽浄土へいける。 と書かれていまいしたが、これは念仏宗教の考え、教えだと思われます。阿弥陀仏のほうですね。禅宗法華経と違うってのが前回の本で勉強しているので、その違いがわかります。

 

日本人の宗教観は、以下本文より

日本人は無宗教だとよく言われる。確かに、日本人は一般に、宗教に無頓着に生活している。正月には神社にもいけば寺にも行き、結婚式を教会であげ、ハロウィンやクリスマスを祝い、葬式には僧侶を呼ぶことを、何の違和感もなく行っている。宗教に関して、悪く言えばいいかげん、よく言えば柔軟なのである。略

日本では1500年近くずっと、神道と仏教のふたつの宗教が並存してきた。

それは良いもの、おもしろいものなんであろうと取り入れる、日本人の開放的思考の表れだろう。

近代は宗教アレルギー、聞くだけでも蕁麻疹発症人多し。本当のところはどうでしょうか。

形を変えたり、宗教って言い回しをせず別の表現でやってきた場合どうでしょうか。

今までの、人生経験の知識で善知識、悪知識を見極めることができるでしょうか。

仏教は、あまり争ったりと聞かないけど、キリスト教イスラム教は結構ドンパチな話をききます。でも、どの宗教だって幸福に人間を導くことに作らてきたのは確かだと思います。お互いのよいところは認め合いましょう。日本人ならではの考えではないでしょうか。


人気ブログランキング