オハマの読書無双

ビジネス、経済、サブカル、漫画など 独自の主観で感想、紹介 たまに妄想あり

あたり前だけどなかなできない51歳からのルール 著者 古川 裕倫

「単純明快に生きよ 人間生涯で一事を成せばよい」

多くの経営者が座右の書としている司馬遼太郎の「坂の上の雲

激動の明治時代を生きた若者の青春物語の主人公のひとり秋山好古の言葉である。

この本の冒頭で語られ、この用語を軸に本は構成されている。

用はいいたいことが冒頭でしっかりと語られている。

 

人は単純に生きて、人生で一つのことを成せばよい

 

オハマはできてるだろうか?いや、できてねえ。

最近で言えば、2歳の子どもを救った最強ボランティア尾畠春夫氏。

65歳で、それまで勤めてた鮮魚店を辞めて社会に恩返しすると考え、

ボランティア活動はじめる。数々の被災地で活動をして、幼き子供をたった20分で発見する。各メディア、ネットで大反響をおこした。

こういう人は人生で一事を成しているんではないかと、オハマは思う。

人の目ばっか気にし、見栄や自尊心、薄汚い欲優越感を得るため得ばかり求める人間。他人のために、徳を積む人間。同じ人間でもこうも差があるものかと。

話がそれたが、今回の本はオハマより上の年代50代である。

おそらくあっという間にこの年代に突入するのだろう。

今のうちにこういう本を読んでおけば何かと便利かと。

 

以下本文より

 ルール29「誰が給料の金額を決めている?」と問おう

「自分を高める」→「会社に貢献する」→「自分に返ってくる」ということを若手に気付かせれば、ほとんどの部下育成の仕事は終わる。

 ルール34 1分間で人を感動させてみよう

「伝える」「伝わる」の次がある。「感動させる」ということ。50代の立派なリーダーであれば、言葉に重みを持ち、相手の心をとらえてほしい。


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

あたりまえだけどなかなかできない42歳からのルール 著者 田中和彦

【あたりまえだけどなかなかできない42歳からのルール 著者 田中和彦】

年代ごとに読み追い続けていく本も今回で自分と同じ歳に追いついた。

この本を購入したのは、30代の終わりごろ。

結婚もし、仕事も転職し、新しい生活と仕事で大きく変換を迎えたころ。

今回は、もう一度再読をした。

冒頭で42歳は、人生のターニングポイント。攻めの人生送るのか、守りに徹する人生送るのか、そんなことが書かれていた。

自分と同じ年齢なだけに、今回の本は書かれていることに少し実感が湧いてくる。今までの年代シリーズの本はチョイスが悪かったのか、自分が過去の年代に振り返っても、実感があまり感じられなかった。

今回のこの本は、著者が42歳のころに異業種に転職して、新しいチャレンジをしたことについて書かれています。

オハマも転職したばっかなんで、かなり引き込まれた。

それと、前読んだときより本を読むスピードがあがってた。

非常にうれしい。

 

全体を読み通してもバランスが良くたいくつする項目はなかった。

そんなかでも、印象に残った項目を二つ掲載したいと思う。

(以下本文より)

 第3章 42歳からの「働き方」のルール

  項目27 飼いならされたライオンになるな

もし、仮にあなた自身を1つの会社だと考えた場合に、それでもあなたは「雇われている」存在なのだろうか?

これからの時代は、すべての働き手が「個人事業主」としての感覚を持つ必要がある。「雇われている」という思考から、自分自身を「雇っている」という思考に切り替えるのだ。

動物園の飼いならされたライオンは、野生に解き放たれると餓死するそうだ。

 

 項目28 24時間のポートフォリオを自分で管理せよ

「いくら自分株式会社の社長だと言い聞かせても、実際には〇〇会社で働かなきゃならないのだから、それはどういう風に考えればいいですか?」

中略 

自分株式会社のフリーエージェント事業部として、〇〇会社と契約していると考えればいいのだ。寝たり食べたりする時間なら「生活事業部」

なにか趣味があるなら「プライベート事業部」そういうふうに考えていけば、一日数時間をねん出することが可能になる。

ここから一番大事な話になる。

「新規事業部」の設立である。新規事業開発部は、将来への投資セクションだ。そして、ほかの事業部に比べ、もっとも自由度が高く、可能性も圧倒的に大きい。

 

また次回へ!


人気ブログランキング

 

  

35歳からの「転職」成功マニュアル 不況・年齢に負けない91のノウハウ 著者 小松 俊明

最近、たまに思うのが「次はどんな本を読もうか」と悩んでしまう。

本屋や図書館から読む本を選んでいて、よく見かける本を発見。

それは、【〇〇歳からの〇〇~】ってやつの本。

ということで、年代別に順に追ってこのシリーズの本を読んでいこうと決意したのは前々回のこと

今回は、30代の本をチョイスした

【35歳からの「転職」成功マニュアル 不況・年齢に負けない91のノウハウ 著者 小松 俊明】

タイトルが多少長い。

目次だけで、何が言いたいかだいたいわかってしまう。本を全部読む時間がないと考えている人は、まず目次を開きタイトルを読んでしまいましょう。要点はそれに集約されている。91項目あるけど、3分たらずで読める。

 

ほんの一部をご紹介(以下本文より)

項目1

三十五歳を境に転職活動は変わる

項目9

「転職で給料アップ」はリスクが高い

項目12

転職エージェントとの付き合いかた

項目14

未経験や職種への挑戦は二十代まで

項目68

リスクのない転職はない

項目76

入社初日は社内をひたすら歩く

 

内容の大半は転職エージェントについてがほとんど。転職エージェントってなんぞや?オハマは初めて見るキーワードです。

【本書P84より】 転職エージェントとは、求人企業と求職者を仲介して、採用および転職の実現をサポートする立場にある存在です。

へぇ~そんなんがあるんだ。

ともかく、この転職エージェントを上手く利用して転職活動しようということが書かれてた本だよ。

 


読書日記ランキング

25歳からの勉強ルール 著者 横山達也

最近、たまに思うのが「次はどんな本を読もうか」と悩んでしまう。

本屋や図書館から読む本を選んでいて、よく見かける本を発見。

それは、【〇〇歳からの〇〇~】ってやつの本。

ということで、年代別に順に追ってこのシリーズの本を読んでいこうと決意した前回

今回は、20代の本をチョイスした

【25歳からの勉強ルール 著者 横山達也】

読んでる途中で、もはや20代に向けているのか、むけていないのかが分からなくなってしまった。

今までも、似たような内容の本をたくさん読んできたので正直あまり新鮮味がなかった。

社会人になり、仕事に追われて勉強する暇もないだろーが。

でも、やっぱ勉強しなきゃ。成長しないよ。新しい発見もないよ。

じゃあ、どうすればいーんだ。

電車の通勤時間を利用するとか。病院の待ち時間を利用するとか。

いっぺんにやろうとせず、少しずつ毎日続けるとか。

簡単に内容を言ってしまえば、こんな感じです。

後は著者の経験の話がだらだらと書かれてた。

酷評になったが、あまりこういう本を読んでない人が、はじめて読むのにおすすめです。

20代だろうが、40代であろうが日々勉強が大切という

認識を改めて感じた。


読書日記ランキング

オハマの読書無双二周年 〜主観最善順位〜

ブログを開始して2年

 

3年目に突入

 

3がつく節目はやばい

 

3日、3ヵ月、3年 

 

あのめんどくさがり屋の

 

やる気を吸い取っていく

 

坊主がやってくる

 

そんな悪辣坊主に負けぬよう

 

持続の心気で

 

無双し、坊主をぶった切る

 

 

オハマの読書無双2017~2018

 

ベスト3

洗脳 地獄の12年からの生還 著者 ToshI 】

自分は洗脳されないって、思いこんでる人ほど洗脳されるパターンが多い。赤裸々に正直に体験を書いたTOSHIさん偉い。その影響もあって再びXJAPAN聞くようになったよ。ENDLESS RAIN最高にいい。今日もカラオケで歌ったよ。

 

ohama69.hatenablog.com

 

ベスト2

【AV男優しみけん光輝くクズでありたい著者しみけん】

サブカル部門では、ぶっちぎり。最近じゃ、テレビでも取り扱わなくなったAVネタ。ただエロい訳ではなく、AV男優の苦悩や苦労が書かれている。

女性に対する接し方も、真剣にしみけん言ってる。面白い。

 

ohama69.hatenablog.com

 

ベスト1

【敏感すぎて生きづらい人の明日からラクになれる本 著者 長沼睦雄】

この本でHSPという言葉を知った。友人たちに話したら、結構盛り上がった。多くの人にもっと知ってほしい。HSPを取り扱ったドラマとかもみてみたい。

 

ohama69.hatenablog.com

f:id:ohama69:20171218131333j:plain

 


人気ブログランキング

17歳からのドラッカー 著者 中野 明

最近、たまに思うのが「次はどんな本を読もうか」と悩んでしまう。

本屋や図書館から読む本を選んでいて、よく見かける本を発見。

それは、【〇〇歳からの〇〇~】ってやつの本。

ということで、年代別に順に追ってこのシリーズの本を読んでいこうと決意。

手始めにまずは、10代から

【17歳からのドラッカー 著者 中野 明】

 

知の巨人 ピーター・ドラッカーの 考えや教えを紐解いて

学んでいこうという内容。

 

何のために勉強するのか

何のために働くのか

自分に合った仕事がみつからない

人生の目標とは何か

成果主義の世の中でうまくやれる自信がない

格差社会で負け組になりたくない

海外の優秀な人材との競争に勝つことができるか

 

40代のオハマが読んでも、勉強になる。本間に10代からの本なのか。

でも、仮に10代から読んでいたら、その後の人生には影響がでていたと思う。 時間が有り余っていた10代の頃、たくさん書物を読むべきだったと思う。

 

自分は何をすべきか

10代の君に答えがでなくても大丈夫だ。

ドラッカーでさえ、わかったのは30代なのだから

ピーター・ドラッカーより

 

オハマは40代でやっとわかり出した次第

それも30代の後半で本を本格的に読み始めてからである

オハマより


人気ブログランキング

言いたいことが一度で伝わる論理的日本語 著者 斉藤孝

友人や家族としゃべるときは、論理的な言葉を意識しないが、仕事の打ち合わせだの、書類作成だのメールとかになってくるとそうはいかない場合が非常にある。なんとか上手く、論理的に話せるようになりたいと思い、この本を【いいたいことが一度で伝わる論理的日本語 著者 斉藤孝】手に取ることにした。

 

【この本の内容は】

 

話しの筋がクリアになると、自分も、頭がよくなった気がする

・日本語のあいまいを払拭する

 なぜ日本語は伝わりにくいのか

・事実と非事実を分ける

 日本語は何によって論理的をつけたのか

・論理を構築するうえで便利な日本語の言い回しを駆使する

 話が混乱する、よくある原因とは?

・英語の構文を参考にする

 日本語と英語は基本的に何が違うのか

・数学の構文を参考にする

 数学的に考えると、なぜ話が明瞭になるのか

 

【この本の目的】

「何を言っているのかが理解されない」状態から脱し、さらに「上手に効率的に言いたいことを伝える」論理的日本語を身につけるためにはどうすればよいか。

 

読み終えたが、頭に入ったのかどうなのか少し微妙な感じ。そこまで普段論理的な話し方を意識はしてないが、この本を読み終えて少しだけそういうことも意識していかなければならないと思う今日この頃である。


人気ブログランキング