オハマの読書無双

読んだ本と漫画など気ままに感想、紹介 最近の出来事などふまえて

白竜LEGEND40巻 原作 天王寺大 劇画 渡辺みちお

今年に入ってから、読み始めた白竜もいよいよ40巻に突入しました。ストーリーは暴力団の話しですが、巻が進むにつれて国際的で社会的な感じの話しが頻繁に出てきます。そして、今のこの巻に収録されている話しは、主人公白竜の若き頃の物語になっています。…

情報を200%活かす池上彰のニュースの学校 著者 池上 彰

情報を200%活かす池上彰のニュースの学校 著者 池上 彰 また池上彰氏の本になります。やはりこの人の本は読書初心者にもわかりやすく知識が乏しい人からでも読みやすそうな感じがします。自分の周りの人で新聞を毎日すみずみまで、見ている人は何人いるだろ…

会社のことよくわからないまま社会人になった人へ第2版 著者 池上 彰

今回手に取った本は 会社のことよくわからないまま社会人になった人へ第2版 著者 池上 彰 会社のことってよくわかってるようで実はよくわからないんですよね。恥ずかしながらその題名のとおり会社のことよくわからないまま社会人にななりました。でも実際の…

友だちをつくるな 著者 千田 琢哉

わたくしは友人からよく言われるのが、気さくで人見知りせず初対面でも気軽に話ができ、社交的なイメージらしい。友人も多いと周りから言われる。自分で思うに単なる調子者で人からも軽く見られがちですがね。しかし、この本によると友達を多く持ちすぎるこ…

東大准教授に教わる「人工知能って、そんなことまでできるんですか?」 著者 松尾 豊 塩野 誠

東大准教授に教わる「人工知能って、そんなことまでできるんですか?」 著者 松尾 豊 塩野 誠 ビジネス戦略家の塩野誠氏と人工知能専門家の松尾豊氏の二人が対談形式で人工知能(AI)について語っておられる本です。さてさて今やちまたで騒がれている人工…

会社、仕事、人間関係が「もうイヤだ!」と思ったとき読む本 著者 斉藤 茂太

会社、仕事、人間関係が「もうイヤだ!」と思ったとき読む本 著者 斉藤 茂太 誰でもある経験では、なかろうかと思います。もちろん私もおもいっきり経験があります。本気で朝目覚めるのが憂鬱で、仕事にいくの嫌で嫌でたまらない。仕事自体が嫌かというとそ…

続・資本論 まんがで読破 原作 マルクス+エンゲルス

毎度おなじみとなったマンガで読破シリーズ。今回記事を書いたのは 資本論 まんがで読破 原作 マルクス の続編 続・資本論 まんがで読破 原作 マルクス+エンゲルス 著者はドイツの出身で共産主義者であり革命家です マルクス亡き後にエンゲルスが編集出版し…

小学館版 学習まんが 少年少女日本の歴史 第7巻 鎌倉幕府の成立 監修 児玉幸多 まんが あおむら純

学年最下位の生徒が、まんが歴史の本を読んで偏差値を一気に上げたという まんがでも歴史を学べることができるということを感じます 世の中の事を勉強しようと思うのなら、やはり歴史を知ることが必要 ということで、もう一度いちから歴史を学ぶ為読んでみよ…

学問のすすめ まんがで読破 原作 福沢 諭吉

お盆休みも終わった後急に仕事がバタバタして、更に追い打ちかける様に風邪を引いてしまいました。どんなに忙しくなっても記事を書こうと決めていたのですが、実際は難しいですね。トライアンドエラーの繰り返しで頑張らないといけないと思う今日この頃です…

教養力心を支え、背骨になる力 著者 齋藤 孝

今のご時世ネットですぐ手軽に情報が手に入る時代になりました。ネットで簡単にアクセスできるのはとても便利ですが、深く教養を身に着けようとするのであれば、本に触れ本を読むことで深く教養が身に付くと言われております。だいたいこういう類の本を何冊…

白竜LEGEND35巻 著者 天王寺 大・渡辺みちよ

週刊漫画ゴラクで大好評連載中の白竜LEGENDを読んでいます。今年に入って、前作白竜から読み始めて、白竜LEGENDに突入しついに35巻まで読破できました。 もともとヤクザ漫画が好きなほうで、何かないかなと探していたところ、この漫画に出会いました。ヤクザ…

本音で生きる一秒も後悔しない強い生き方 著者 堀江貴文

お盆休みなので 久しぶりにゆっくりドライブしました。私の住む岡山で県北の方に行き、津山から美作そして最後はドイツの森で花火大会を見て帰りました。市内の花火大会と違い、打ち上げられた花火がけっこう間近でみれました。とても綺麗でした。 しかし、…

小学館版 学習まんが 少年少女日本の歴史 第4巻 平安京の人々 監修 児玉幸多 まんが あおむら純

学年最下位の生徒が、まんが歴史の本を読んで偏差値を一気に上げたという まんがでも歴史を学べることができるということを感じます 世の中の事を勉強しようと思うのなら、やはり歴史を知ることが必要 ということで、もう一度いちから歴史を学ぶ為読んでみよ…

チーズはどこへ消えた? 著者 スペンサー・ジョンソン

十数年前、当時勤めていた会社の営業部長が朝礼でこの本の話をして、皆の者におすすめしていました。当時の私はその話を右から左へ受け流していました。今思えば、この本に出てくる小人と同じ考えで日々状況など変化せず、安心、安定などはずっと続くのであ…

ジョジョリオン8巻 著者 荒木飛呂彦

小学校の時、従兄弟の友達がジョジョの奇妙な冒険のコミック第1巻、第2巻を読ませてもらった。その独特な世界観と描写に衝撃を受けたのをよく覚えてます。すぐに本屋で単行本を購入し、それから数十年。大人になった今でも連載が続いております。まさか、こ…

資本論 まんがで読破 マルクス・作

前の記事で掲載した本 【読書をお金に換える技術/著者 千田 琢哉】 の中で《マルクスの『資本論』は、今すぐ読んでおけ。》 という、ことが書かれてました。 本に書かれていることを引用しますと、こう書かれております あなたがこれから人に使われる立場で…

ここがポイント!!池上彰解説塾② 著者 池上 彰

2016年8月現在 南米初の第31回夏季オリンピック・リオデジャイロ大会が開催されました 史上最多の205カ国が参加し、選手が1万1000人以上! 今回開催にあたって、治安の悪い評判や不安がありました そのニュースの背景には、そこにたどり着くまでのさまざまな…

読書をお金に換える技術 / 著者 千田 琢哉

読書することに前向きになること まず本を読めという様な本から読んでいく そういう類の本をどんどん読みあさっていく 【人生で大切なことはすべて「書店」で買える】 の記事を書きましたが、それと同じ著者 千田 琢哉 氏の本 【読書をお金に換える技術】 タ…

池上彰の教養のススメ 東京工業大学リベラルアーツセンター篇 / 著者 池上彰

池上彰の教養のススメ 東京工業大学リベラルアーツセンター篇 もうタイトルからしてなんのこっちゃ難しそう、しかも少し本の厚みにもボリュームがあります 本を読む習慣がない時分なら、まず手にすることすらなかったと思います この本を読もうと思ったのは…

ACTION READING / 著者 赤羽 雄二

ACTION READING 行動読書 自分が興味を持っている本やこれから勉強しようと思っている本を読んで内容を理解し、そして行動に移す そして自分を成長し変えていく ざくっと言ってしまえばそんな感じの内容です 前回の記事で書いた 禁煙セラピー …

イラスト版 禁煙セラピー 著者 アレン・カー

前回の記事で書いた 禁煙セラピーのイラスト版 内容はほぼ同じなのですが イラストが多いのと文字が比べて少ないので ちょっと掘り下げた話がその分カットされている様な感じです その分イラストによる表現がわかりやすいです 禁煙をし始めた時、煙草が吸い…

禁煙セラピー 著者 アレン・カー

煙草を辞めて一年半になります それまで何度か禁煙に挑戦したけど トライ&エラーの繰り返し もう開きなおって、やめるもんかと 思うてみたり なかなか上手くいきません とある飲みの席で私の友人が本を読んで禁煙に成功した話を思い出しました ちょっと自分…

キン肉マン公式ファンブック超人閻魔帳 著者 ゆでたまご

週刊少年ジャンプの連載終了から20数年の歳月を経て、新たな新シリーズで復活したキン肉マン どんなもんかなと新シリーズを読んでみたところ、これがかなり面白い感じになっております 前の連載の時にもでていた、完璧超人。 そして今回その新たな勢力完璧超…

人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。20代で身につけたい本の読み方80 / 著者 千田琢哉

自分は子供の頃 父親に連れられてよく本屋に行っていた 立ち読みするのはもちろん好きなのですが 本屋の空気とか本の匂いとかが好きでした 買わなくても本や漫画や雑誌のタイトルをみるだけでも 楽しいというか落ち着く でも読む本はほとんど漫画で活字の本…

図解入門よくわかる最新断熱・気密基本と仕組み/著者 堀 清孝

いわゆる専門書ですね 断熱と気密について基本や基礎的なことがかかれてます その手の仕事をしている人が読んで、まあ理解できるのでは… オハマは1年半ほど前に、断熱材を施工する仕事に着いたので ちょいと読んで置きました まだ断熱工事が、本格的に始まっ…

はてなブログ開設しました

ブログをご覧の皆様 はじめましてオハマです 最近、読書をする事に興味を持ちました。今まで漫画はよく読んでいたのですが、文字ばかりの本を読むのは苦手であまり読んでなかったのですが、ブログがてら読書感想でも、していけたらと思います。他に何か興味…