オハマの読書無双

読んだ本と漫画など気ままに感想、紹介 最近の出来事などふまえて

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由 監修者 ゆうき ゆう 著者 汐街 コナ

家の近くの書店でビジネス新書のコーナーで、第二位でした。なかなかファーストインパクトの強いタイトルだと思いました。

【「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(わけ) 監修者 ゆうき ゆう 著者 汐街 コナ】

ツイッターとかでも大反響をよんでるみたいです。

ニュースでも、つい最近ありました。ブラック企業で、従業員が過労自殺した事件。だいたいの人は思うんではないでしょうか?

「死ぬくらいなら会社辞めればいいじゃん」と

しかし、それすらも判断できない状況に追い込まれてしまうということ。

そんな、バカなと思うでしょうが。長時間労働ばっかして、それが毎日続いたら体も心もぶっ壊れてしまいます。そうなると、人は正常な判断ができなくなってしまうのです。著者も同じ経験をしていて、それをもとに心療内科の先生と解説していくという内容です。著者はイラストデザイナーなので、本自体はイラスト、マンガでわかりやすく書いてあります。

現在ブラック企業でバリバリ働いていて、真面目に仕事をしている方は是非読むことを強くすすめます。その理由は、生命の危険があるからです。

会社の為に、命すり減らすのは本当にバカバカしいとしかいいようがありません。この本を読めばそう感じるようになることでしょう。

いやぁ~恥ずかしながらも、私も似たような経験ぶっちゃけあります。仕事に行きたくなくてしょうがない。人間関係は良好ではない。仕事でミスは多くなる。自分に自信がもてない。負のデススパイラルに陥ったことあります。他人は無責任に勝手なことを言ってくるのに、自分の考えに自信がないから振り回される。あるいは他人の意見に依存する。上司からは怒られる、同僚からは馬鹿にされる。取引先からクレームがでる。客がとぶ。そうすると、だんだん精神的にも蝕まれていきます。どう立ち直っていったかというと自分の場合は、本を読んでいったからだと思います。

そんときに、この本に出会っていたら立ち直りが早かったんではないかと思う今日この頃であります。

 

逃げることを逃げない戦い 逃げると明日はない広い世界

 

ご愛読ありがとうございます

クリックよろしくお願いします


読書日記ランキング