オハマの読書無双

ビジネス、経済、サブカル、漫画など 独自の主観で感想、紹介 たまに妄想あり

はすみとしこの世界「そうだ難民しよう!」 著者 はすみとしこ

図書館で借りた

自分が好む絵のタッチだったので手に取った

タイトルとイラストで社会風刺の本だと思った

小林よしのりゴーマニズム宣言っぽいのかと思った

本はそんな分厚くもなく50ページほど

右のページにイラストがあり、左のページに文章で構成されてる

借りる前に、少しページをパラパラっとめくって思ったんが、サヨっぽい感じの人が書いてる本かなと思って読んでたんですが、逆でどっちかというと右寄りでした。世の中でおこってること、ディスって皮肉ってます。

中には、差別に近い内容もありました。作者はなかなか堂々たるっぷりな者です。

在日、シーシェパード慰安婦、難民、安保法制反対活動家などなど。

これは、凄い批判されるんだろうなと思って読んでたら、最後に著者自身が、ネットで大炎上したことを、掲載していました。

2015年に初版されていた、みたいなんですが、オハマ全然知りませんでした。問題作で批判は浴びている作品ですが、中には多いに共感できるもんもいくつかありました。こういう内容の歌詞のラップが聴いてみたいもんです。もしくは自分で書いてライムしたいもんです。

社会風刺でなんだかんだのプロパガンダ

イラストで訴える客寄せパンダ

そうだ韻を踏もう!


人気ブログランキング <p