オハマの読書無双

ビジネス、経済、サブカル、漫画など 独自の主観で感想、紹介 たまに妄想あり

いぬやしき 4巻 著者 奥浩哉

実は最近知ったこの漫画

映画になった後で知った

友人に面白いと紹介されて読んだ

とりあえず1巻読んでみた

多分これ最終巻まで読むパターン

著者奥浩哉氏の漫画は、昔「変」って短編の漫画があって

それだけは、単行本も買って読んでた

その後たしか、ヤングジャンプで長編が週間連載されて、毎週読んでた

それからヤングジャンプを読まなくなり、「GANTZ」ってのが連載してた

みたいなんだが、全く読んでなかった。

てなわけで奥浩哉の作品を読むのは、実に20年ぶり

面白い、引き込まれる

ストーリーは、漫画でよくあるパターンの話だが、なぜか面白い

オハマなりに分析してみた結果、奥浩哉氏の漫画はわき役が

わざとらしくない雰囲気をだしている。そこが本当に身近でいそうで

リアル。 その辺の味が、昔の作品から変わりなく表現している

キャラクターの緊迫する時の、感情の表し方もコマ割がよくできている

なと思います。例えば、どんどんアップになって額に少し汗がでているとか

長ったらしいセリフも少ないので、ページをめくるテンポもよい


人気ブログランキング