オハマの読書無双

ビジネス、経済、サブカル、漫画など 独自の主観で感想、紹介 たまに妄想あり

80歳を過ぎても徹夜で議論できるワケ 著者 田原総一郎

【80歳を過ぎても徹夜で議論できるワケ 著者 田原総一郎

田原総一郎(たはら・そういちろう)

ジャーナリスト。1934年滋賀県生まれ。60年早稲田大学文学部卒業。

テレビ朝日系「朝まで生テレビ!」「サンデープロジェクト

テレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。

80歳を超えた今でも政治・経済・メディア・IT等、時代の最先端の問題をとらえ、活字と放送の両メディアにわたり精力的な評論活動を続けている。著者に『堀の上を走れ 田原総一郎自伝』など多数。

 

オハマが知ってる限りでは、この人「朝まで生テレビ!」で、出演しとる人。

つーか。もう80歳になられてるんですね。

本の内容は、それまでの半生や80歳になった今でも現役で仕事を続けられる理由等がかかれている。

しかし、この本も目次をみただけで著者が何が言いたいか、わかってしまいそうな感じかな。

80歳とついたタイトル中で、唯一読めそうな本なので、まあ読んでみたって感じなんで感想もそんな長くかけまへん。

 

老いても徹夜で議論する

・朝生をこなすための健康習慣

老いらくの恋のススメ

・好奇心を保ち続ける

・やんちゃ老人に学ぶ

森鴎外に学んだ「ドロップ・イン」という生き方

・傘寿としての使命感


人気ブログランキング