オハマの読書無双

ビジネス、経済、サブカル、漫画など 独自の主観で感想、紹介 たまに妄想あり

本を読んだら自分を読め 著者 小飼 弾

オハマの読書無双が開始される、ずっと前に読んだ本。再読です。

改めて読んでみると、あぁそういえばこんなことが書いてあったなと、

思い出したりしました。

この内容で、覚えていたのは著者が、中学校からあまり学校にいかなくなり、図書館で超絶本を読みまくり、大検を取得し大学にいったこと。

人間の働く時間は、八時間ではなく二時間程度で十分だということ。

八時間も拘束されるのはもったない。二時間ほど働いて、あとは本を読んでいた方が、よっぽど有意義がある。残業なんてもってのほか、本を読んでいた方がよっぽど銭になる。

本を読むことで、教養が身に付く。仕事ができないといわれるより、教養がないといわれる方が痛い。

本を読むことで、自分を知ることができる。

本を読んだら、感想をブログで書くとよい。読書感想は難しいが、やれば自分自身が成長できる。

本を読んだら、読書感想をブログに書くという行為は、少なからずこの本から影響を受けています。【オハマの読書無双】誕生のきっかけになりました。

この著者のワードセンスはとても良いので、目次だけ読んでも、なんとなく読んだ気になってしまいます。

以下目次でぐっときた見出し

 僕の先生は、本で十分だった

 本を読めば、自分が読める

 しんどいときに、本で救われるのか

 本を読む時間もないほど働いてはいけない

 ベストセラーよりロングセラー

 うさんくさい本で批判を練習する

 本は常に手元に置くこと

 アウトプットすれば知恵はもっと身につく

 読んだ本は記録しよう

 本当の教養は人生をゆたかにする

 自分の中に教師の人格を持て

 

最近は、仕事多忙で

いささか本を読む時間が厳しい

頑張りたいと思う今日この頃


人気ブログランキング