オハマの読書無双

知能は一般人以下のチンパンジーレベルの中年男性オハマが読んだ本を記録する読書ブログ

処女総理 著者:沢里裕二

【221冊目】

【官能小説】

【処女総理】【著者:沢里裕二】

 

今年は主に小説を読んでいこうかと思います。

ゆっくりマイペースで更新も少ないですが、たくさん読んでいきたいと思います。

 

◎本の内容を紹介

中林美香37歳。元テレビ報道記者が政界へ転身する。衆議院小選挙区でなんとか当選を果たす。いろいろ問題トラブルを抱えながら総理になっていくサクセスストーリである。そして男性経験がない処女である。タイトル通り初見オチ。

 

この物語は、一応セクシーエンターテイメントとなっているのだが、お色気要素は前回紹介した小説【内閣色気仕掛けハニートラップ担当局】より少ない。

前回は少し話が進めばすぐにお色気シーンがはじまり物語りがオマケみたいな感じだったが、今回は物語が中心でお色気がオマケみたいな感じである。

 

◎選択した理由

以前から、官能小説にチャレンジしてみたかったのと政治永田町系の物語を読んでみたかったからである。

 

◎印象に残った部分

物語のモデルの人物が、現実に実在している人がモチーフになっている。イメージしやすい。作者は凄く政治の世界に詳しく、本間にそうなんちゃうんかっていうほどリアルに描かれているのが印象的だった。

官能小説ではなく、完全に政治の世界を皮肉った現実に近い物語だと思った。

読むと多少政治リテラシーも高めていけるそんな本だと思った。


人気ブログランキング

内閣〈色気仕掛け〉ハニートラップ担当局 著者:桜井真琴

【220冊目】

【官能小説】

【内閣〈色気仕掛け〉ハニートラップ担当局】

【著者:桜井真琴】

 

◎本の内容を紹介

※以下本のカバーを一部引用

内閣の広報菅だった礼香は、ある出来事によって部署に左遷された。

通称「ハメ担」━政権にとって危険な人物に接近してハニートラップを仕掛け、弱みを握って黙らせる超法規的部署だった。元AV嬢や、元自衛官、クスリでつかまった元グラビアアイドルもいるこの部署で男を悦ばせるテクを覚え込ませられ、様々な色の罠を仕掛けていく…書き下ろし官能エンタメ!

 

官能エンタメなので、物語が少し進むとすぐことが始まるの繰り返しである。

しかし、読んでると実際にハニートラップがあるのではなかろうかと思えるような素晴らしい作品である。政治の闇を表現をしているところがその点である。例えばメディア、テレビ放送局、公安などが裏でしっかり繋がっていると表現しているところ。

陰謀論好きのオハマには、心揺さぶられる感じだった。

 

◎選択した理由

以前から、官能小説にチャレンジしてみたかったから。でも読むのは気恥ずかしい。しっかりブックカバーを装着した。これさえしておけば横からチラリとのぞかれても字ばっかなので気にならない。病院の待ち時間でも堂々と読むことができる。

官能小説では、どの様なワードが使われているのか興味があった。

口惜しい。剛直。甘未の電流。クロッチ(股布)。漆黒の妖艶。淫靡。透明な先走り。

など多くの言葉をオハマは吸収した。

 

◎印象に残った部分

性行為の表現が、露骨な言葉ではなく妖艶な感じで表されていたこと。時にリアルな言葉も織り交ぜながら迫力満点なとこが良かった。物語の中でレイプ防止用のグッズがでてくる。これがエグイ。ペットボトルの蓋みたいな物の底に、カミソリを仕込んでおきそれを女性器の中に入れる。男性器が挿入したら先っぽが切れるという仕組み。そのグッズが印象的だった。

 

政治物のと官能のミックスっていう作品に興味をそそるので、それに類似した作品もこれから読もうと思う。


人気ブログランキング

DEATH NOTE 短編集 原作:大場つぐみ 漫画:小畑健

【219冊目】

【漫画】

DEATH NOTE 短編集】

【原作:大場つぐみ 漫画:小畑健

デスノートの読み切りが出てた。

知らなんだ。

 

◎本の内容を紹介

言わずもが、超有名どメジャー漫画デスノート。今から10数年前くらいに週刊少年ジャンプで連載されていた。人気もあり、単行本もヒットそして、実写映画にもなった。実写映画はキャスティングが良く、松山ケンイチが演じたLの再現度が非常に素晴らしかった。

アニメの実写化はだいたい大コケパターンが多いなか唯一の成功例だとオハマは思っている。

 

頭のかしこい高校生【夜神月/ヤガミライト】が

死神が落としたノートを拾う。このノートこそがデスノートである。このノートに対象となる人物に名前を書いたらその人間は死んでしまう。

このノートを使い悪人裁きをして世の中を変えようとした矢先、Lという正体不明の超天才名探偵が現れる。夜神月は巷でキラと呼ばれ、キラを捕まえようとLと夜神月の頭脳バトルが始まる…というのが本編のストーリーで、今回の作品はそれのスピンオフのストーリーである。

夜神月以外に出現したキラの話と、本編が発表される前の余談ストーリーなどが収録されている。

 

◎選択した理由

デスノートが好きだから。

お!スピンオフの単行本でてるじゃん!買おっと思ったから。

 

◎印象に残った部分

ニアの髪の毛がめちゃめちゃ伸びてたとこ。

大統領が実際の人物トランプに似ていたとこ。

デスノートが世界で売買されたとこ。


人気ブログランキング

正直不動産:夏原武(原案)水野光博(脚本)大谷アキラ(作画)

218冊目】

【漫画】

【正直不動産】

【夏原武(原案)水野光博(脚本)大谷アキラ(作画)】

○本の内容を紹介

嘘八百の口先達者な、不動産屋の営業マンがこの作品の主人公。千三つ(千個の内真実は三つという意味)と言われる不動産業界で正直な営業でのし上がろうとする物語である。

主人公はなぜ、正直な営業をする事になったのか?工事竣工前に祭られてる祠を誤ってぶっ壊してしまった。その神様の怒りにふれ嘘がつけなくなる呪いをかけられてしまったのである。今まで嘘で契約を取ってたので、それが出来なくなり落胆してしまうが、正直な営業でも成果がでると確信しそのやり方で契約を取っていくという物語。

不動産に関する知識がてんこ盛り、不動産の専門書にも匹敵する様な内容になっている。

不動産屋の闇、裏話もたくさん書かれている。

不動産購入にあたって、知らないというのがどれほど損なことかを痛感させられる。

漫画だけど、字が多いが読み応えはあると思います。

 

 

○選択した理由

知識を増やせる漫画を探していたところ、この本に出会った。専門分野はとっつきやすい漫画から入門するのが一番だと思う今日この頃。

 

○ 印象に残った部分

主人公は、嘘がつけず正直一本でいくのだが、周りの競争相手やライバル達は余裕で嘘ぱちの口からでまかせ営業で仕掛けてくる。

それに対して誠心誠意の営業で闘うのがこの作品の見どころでもある。

不動産の勉強にもなるので知識を増やしたい人はお勧めできる漫画である。

 


人気ブログランキング

KING GOLF 漫画:佐々木健 技術指導・監修:谷将貴

【217冊目】

【漫画】【KING GOLF】

【漫画:佐々木健 技術指導・監修:谷将貴】

 

◎本の内容を紹介

 

タイトル察しの通り、ゴルフ漫画である。巻末に実在するコーチ谷将貴によるゴルフ上達へのワンポイントアドバイスが掲載されている。

物語は、街で無敵の不良少年がゴルフに出会い、頂点を目指していくというありきたりな展開である。だが、読んでみて面白かった。この漫画のいいところは、ゴルフ漫画でありがちな都合のいいミラクルショットとか現実離れしたプレイがあるとかが、あまりない。現実に基づいたことがリアルに描かれているところが良い。主人公も調子良く勝ち進んでいったかと、思いきやスランプに陥ってたり、メンタルを揺さぶられたりすることがある。現時点で38巻くらい出ているみたいで、オハマは37巻まで読んだ。話が進むにつれてゴルフ精神論の描写が多くなる。

 

◎選択した理由

今回理由はハッキリしている。オハマもゴルフを最近していて、面白くて知識が蓄えそうなゴルフ漫画がねえもんかと探していたところだった。ゴルフレッスンのコーチに教えてもらって読み始めた。コーチもお勧めしていた為。

 

◎印象に残った部分

主人公がライバルに負けて大泣きをしたり、海外遠征した時コースを攻略できなくて苦悩したりするとことか。

主人公も始めは、下手くそでいろんなやつと戦いどんどん成長していくところも見どころ。主人公の気持ちに入り込めます。


人気ブログランキング

ドンケツ 著者 たーし

【216冊目】

【漫画】

【ドンケツ】

【たーし】

最近、本より漫画ばっか読んでる。今回紹介する漫画も全巻読破した。

 

◎本の内容を紹介

 

典型的なヤクザ漫画。主人公の性格は乱暴でわがまま、はっきり言ってクソみてえな性格をしている。 

沢田雅寿(さわだまさとし)通称:ロケマサ 主人公のニックネーム

敵対する組織の事務所をロケットランチャーを打ち込んだことでこのあだ名がついた。

喧嘩が超強くて出てくる敵キャラをバンバンくらわしあげます。

作者が言うには、主人公のモデルはじゃりン子チエに出てくる鉄というおっさんである。確かに風貌は似ているなと思っていた。

そんなロケマサが暴れまわる漫画である。

 

◎選択した理由

近所のラーメン屋の本棚にあって、なんとな~く読んでみた。なんかイマイチだなと思いながら読んでて、3巻くらいから徐々にのめり込んだ。気が付きゃどっぷりハマり全巻読破した。28巻まで、でている。

 

◎印象に残った部分

もともと、オハマはヤクザ漫画が好きなせいもあり、どっぷりハマっちまった。

物語中盤あたりから、ヤクザ組織の内部抗争がはじまり一気に盛り上がる。

ただドンパチするだけでなく、組織内部の人間関係や駆け引きがある。ヤクザという組織は、はたして本当に無くなってしまう方がいいのか考えさせらる。ゴリラの様なおっさんが喧嘩しまくる漫画と思いきや、いつの間にか深い話になっています。

これは面白い。

 


人気ブログランキング

オハマの読書無双五周年~主観最善順位~

最近、ゴルフとエレキギターにハマり

 

そっちに意識がいってしまいがちで

 

更新もおろそかに

 

でも、マイペースでいくのさ

 

気ままに!

 

というわけで

 

無事に5年迎えたので恒例のやつをします!

 

2020年6月~2021年6月の記事の中から

 

個人的に良かったベスト3を発表したいと思います。

 

 

3位 【「獺祭」の挑戦】

 

日本酒の奥深さと、生産者の情熱も伝わる。この本を読んで日本酒が好きになった。

日本一有名と騒がれてる日本酒『獺祭』が山口の小さな酒蔵から世に知れ渡るまでのサクセスストーリーもこの本で楽しめます。

 

ohama69.hatenablog.com

 

2位 【リフレイン】

 

リカシリーズの最新版。最恐純愛モンスターリカの過去の話、専門看護学校で人々を恐怖に陥れる物語。オハマがリカシリーズが好きなので堂々のランクイン。

 

ohama69.hatenablog.com

 

1位 【本当の自由を手に入れるお金の大学】

 

お金の知識を身につけたいのであれば、まずこれで間違いないでしょう。解説もわかりやすく本苦手な人、知識が乏しい人でも入りやすいでしょう。実際オハマも本に書いてある事を実践して上手くいってます。

 

ohama69.hatenablog.com

 

以上

 

最近はどちらかというと

 

漫画をよく読んでるので

 

ブログで紹介できたらと思うております。

 

これからも閲覧よろしくお願いします。

f:id:ohama69:20210708130540j:plain


本・書籍ランキング